Google

2005年03月17日

ジャクソン裁判、少年が学校で笑い物にされていたと証言

 [サンタマリア(米カリフォルニア州) 15日 ロイター] 少年への性的虐待罪に問われた米歌手マイケル・ジャクソン被告(46)の裁判は15日、被害者とされる少年(15)が証言に立ち、学校で生徒から性的虐待を受けた子供だとして笑い物にされたため、虐待されたことを校長に認めなかったことを明らかにした。
 少年は2003年2月か3月に少なくとも2度、ジャクソン被告から性的虐待を受けたと主張しているが、かつて父親のような存在と思っていた被告への敬意はなくなったと述べた。
 被告側弁護団の反対尋問に対し、少年は被告から不自然に体に触られなかったと校長に述べていたと証言した。
 最高で20年以上の実刑判決に服する恐れがあるジャクソン被告は、無実を主張している。この日は派手なベストに濃紺のスーツ、茶色のスラックスとブーツで裁判所に到着。両親に付き添われていたが、原告の証言についてはコメントを拒否した。
(ロイター) - 3月16日16時3分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050316-00000348-reu-ent
posted by まとめ at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケルジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2454385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。