Google

2005年03月22日

陪審団、ジャクソン被告のポルノコレクションを検分

[サンタマリア(米カリフォルニア州) 16日 ロイター] 少年への性的虐待罪に問われた米歌手マイケル・ジャクソン被告(46)の裁判は16日、被告の寝室から押収されたポルノ雑誌やDVD、書籍を陪審団が検分した。被害者とされる少年(15)の証言の信ぴょう性が高まる可能性がある。
 検察側は性表現が露骨な押収品と事件を直接には関連付けていないが、原告の少年と弟はジャクソン被告から寝室でポルノを見せられたと証言している。
 警官3人の目撃談によると、ポルノ関連の物件は寝室にあったブリーフケース2個とベッドの下に置かれていた箱、浴室の棚、テレビの上などに積まれていた。
 ペントハウスや有名写真家が撮影した大手の出版物と共に、未成年のように見える女性を特集した雑誌もあった。
 雑誌やビデオの大半は大人の女性を扱ったものだったが、サンタバーバラ郡保安官事務所によると、男性や子どもが題名の書籍も見つかったという。
 被告側弁護団の反対尋問では、3人の警官全員が、押収されたそれらの所持は合法的なものだと認めた。原告の少年もどのような雑誌やDVDを目撃したか記憶にないという。
 押収品の一部が、2003年3月に少年とその家族がジャクソン邸を去る前には販売されていなかったのも事実。
 この日の公判ではまた、原告の少年は性的虐待を5回から7回受けたが、詳細を記憶しているのは2回だけだと証言した。
 ジャクソン被告は青い上着にサテンのスラックス、アクアマリンのベストにウエストチェーンという格好で入廷した。
 
(ロイター) - 3月17日16時17分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050317-00000469-reu-ent
posted by まとめ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケルジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。