Google

2005年05月06日

証人の青年2人、M・ジャクソンによる性的虐待を否定

 [サンタマリア(米カリフォルニア州) 5日 ロイター] 少年への性的虐待罪に問われている米歌手マイケル・ジャクソン(46)の裁判で5日、10代の頃にジャクソン被告の犠牲となったと検察側が主張する青年2人が証言台に立ち、被告から性的虐待は絶対に受けていないと強い口調で否定した。
 証言をしたウェイド・ロブソン青年とブレッド・バーンズ青年は、被告の自宅兼遊戯施設「ネバーランド」で数え切れないほどベッドを共にしたが、今でも被告とは友人だとしている。
 以前の裁判で、被告の元メイドがロブソン青年が被告とシャワーを浴びているのを目撃、2人の下着がベッドルームの床に落ちているのを発見したと証言したが、ロブソン青年は被告とシャワーを浴びたことがないと否定した。
 また、別の「ネバーランド」の元従業員が陪審団に、被告が10代だったバーンズ青年の臀部を触っているのを目撃したと証言していたが、バーンズ青年は被告から不適切な行為は受けていないと否定した。
(ロイター) - 5月6日14時22分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050506-00000402-reu-ent
posted by まとめ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケルジャクソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。