Google

2005年05月20日

<尼崎脱線事故>事故後も「日勤教育」JR西日本で続く

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050520-00000010-mai-soci

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、事故の背景の一つとして指摘されている日勤教育(再教育)が実質上、事故後もJR西日本で続いていることが19日、分かった。脱線事故前に日勤教育を命じられた大阪電車区の運転士は事故後、「遺族に謝罪した社長の対応をどう思うか」「現場に献花に行った社員をどう思うか」などのリポートも書かされているという。同電車区を管轄する同社大阪支社は「この運転士の場合は乗務を前提にしたものではなく、日勤教育ではない」と説明しているが、運転士らからは「会社の体質はまったく変わっていない」という声が上がっている。
 関係者によると、この運転士は50歳代で、今年2月6日にJR大久保駅(兵庫県明石市)で約170メートルオーバーランし、約2カ月間の日勤教育を受けた。乗務を再開した4月中旬、高槻駅で停車中にブレーキをかけ忘れ、ドアを開けたまま電車を約50センチ動かしたとして、リポート書きを課せられた。脱線事故後は事故に関する考えを求めるテーマで主にリポートも書いているという。
 脱線事故で死亡した高見隆二郎運転士(23)も日勤教育を受けたことがあった。賞罰的な教育が重圧になったという見方があり、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会も、日勤教育の実態の本格的調査に乗り出す方針を決めている。
 脱線事故後は、今月6日に前日までと違う入線ホームを信号が指示していたため、尼崎駅手前で停車し安全確認を行って約1分50秒の遅れを出した運転士が日勤教育を命じられ、抗議を受けて撤回されたことも、17日の参院国土交通委員会で明らかになっている。
 JR西日本広報室は「日勤教育のあり方については、組合の代表者と会議を持って見直しを含め検討中。現場長の判断で続けているケースもあるが、懲罰的な意味合いはない」と説明。事故に関するリポートを書かされている運転士について、同社大阪支社は「(テーマなど)具体的な中身は把握していないが、電車区で安全、営業、接客などの学習を主にやっているだけ」としている。【小川昌宏、山口朋辰】
(毎日新聞) - 5月20日6時25分更新
posted by まとめ at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。