Google

2005年05月05日

<兵庫>JR脱線事故から1週間 検証も再開

死者107人。JR史上、最悪の被害を出したJR福知山線の脱線事故から1週間が過ぎました。事故現場では黙とうが捧げられ、雨で中断していた検証も再開されました。

脱線地点の周辺では、事故によって刻まれた傷の残る線路や枕木の検証が続けられ、兵庫県警の本部長も現場視察に訪れました。検証に先立って、事故発生の時刻と同じ午前9時18分、JRの職員らが、脱線地点に向かって1分間、黙とうしました。そして、線路脇に設けられた「献花台」にも、犠牲者に花を捧げ、冥福を祈る人の姿が絶え間なく見受けられました。献花に訪れた人は「ここてどこにでもあるような道じゃないですか。そこで・・・(こんなことが起こるなんて)」「誰に対して怒っていいかわからない」と語りました。また、脱線車両が突っ込んだマンションの住民の一部が引っ越しを始めました。JRが、仮住まい用の賃貸マンションを確保したことに伴う、新しい動きです。
(朝日放送) - 5月2日20時4分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000006-abc-l28
posted by まとめ at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<兵庫>JR福知山線脱線事故 今後の捜査の行方

スピードオーバーに加えて、「非常ブレーキ」が脱線の原因として大きく浮かび上がってきました。

事故車両から回収したモニターを分析した結果、列車は、事故直前に「非常ブレーキ」をかけていたことがわかっています。スピードオーバーの状態で事故直前に「非常ブレーキ」をかけたことで、車両がバランスを失い、横転しながら脱線した可能性が高まっています。先ほど会見した事故調査委員会の佐藤鉄道部会長は、「スピードが出ていたとは考えているが、脱線原因はそれだけではない」として、非常ブレーキも原因となった可能性を示唆しました。きょうの検証は、ほぼ終了しています。運転士が死亡しているため、捜査の長期化は避けられず、業務上過失致死傷容疑の立件は、容易ではなさそうです。
(朝日放送) - 5月2日20時4分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000007-abc-l28
posted by まとめ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<大阪>JR西日本 ちぐはぐな説明や情報開示続く

JRの説明や情報開示に対する姿勢は、どうもちぐはぐといわざるを得ません。きょう、またしてもJRの安全に対する姿勢を疑わせるような事態が起きています。

JRは、きのうの会見で、新型のATS・自動列車停止装置の設置が終了する来月末よりも前に福知山線の運行を再開する方針を示しました。ところが、北側国土交通大臣は、「新型のATS−P型の整備がなされるのが、運行再開の条件だと私は考えている」と語り、これに、真っ向から反対する姿勢を示しました。JRは午後5時の会見で、「運行再開の時期は、一切決まっていない」として、きのうの会見を訂正し、白紙に戻しましたが、北側大臣の発言については、「聞いていない」として、新型ATSの設置を運行再開の条件とするかどうかの明言を避けました。

1991年の信楽高原鉄道事故では、運行再開まで7ヵ月かかりました。「アーバンネットワーク」のひとつ、福知山線ストップの損害は1日3000万円とも言われています。利用者も1日も早い再開を求めていますが、それは、万全の安全対策がとられてからです。
(朝日放送) - 5月2日20時4分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000008-abc-l27
posted by まとめ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大臣指示、「ない」「あった」=ATS工事で説明変遷―JR西☆差替

*JR福知山線の脱線事故をめぐり、JR西日本 <9021> は2日午後の記者会見で、新型列車自動停止装置(ATS―P)導入について、事故で中断していた設置工事を3日から再開すると発表した。
 北側一雄国交相が2日、工事完成が運転再開の前提との考えを示したが、同社は「聞いていない」と主張。報道陣の指摘を受けて確認後、「連絡があったが、社内で伝わっていなかった」と訂正した。
 同社は「1日も早く工事を完成させたい」としているが、運転再開時期は分からないという。 
(時事通信) - 5月3日6時2分更新


posted by まとめ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大臣指示、「ない」「あった」=ATS工事で説明変遷−「社内連絡漏れ」・JR西

 JR福知山線の脱線事故をめぐり、JR西日本は2日午後の記者会見で、新型列車自動停止装置(ATS−P)導入について、事故で中断していた設置工事を3日から再開すると発表した。
 北側一雄国交相が2日、工事完成が運転再開の前提との考えを示したが、同社は「聞いていない」と主張。報道陣の指摘を受けて確認後、「連絡があったが、社内で伝わっていなかった」と訂正した。
 同社は「1日も早く工事を完成させたい」としているが、運転再開時期は分からないという。 
(時事通信) - 5月2日22時0分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000566-jij-soci
posted by まとめ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

左レール上に黒い筋=数十メートル、車両の傾斜示唆−「脱線転覆」と断定・事故調

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、現場の左レール上に数十メートルにわたり黒い筋が残っていることが2日、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の調べで分かった。脱線直前に左側に大きく傾いた車両が残した可能性があり、関連を詳しく調べている。先頭車両の運転台のブレーキレバーが非常ブレーキの位置に入っていたことも確認した。
 会見した事故調の佐藤泰生鉄道部会長は、脱線事故は「車両が転倒した形で考えるのが適当」とし、特異な「転覆脱線」が起きたと断定。非常ブレーキについては、死亡した高見隆二郎運転士(23)が作動させたことが裏付けられた形となった。 
(時事通信) - 5月3日0時1分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000577-jij-soci
posted by まとめ at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のケア相談100件超=「電車怖い」「吐き気」−兵庫県などの窓口・脱線事故

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、同県や地元市が設けた心身の不調に関する相談窓口に、100件を超える相談が寄せられていたことが2日、分かった。
 相談者は本人や家族が負傷した人や、現場に居合わせた人など広範囲で、県は同日までの予定だった窓口開設を8日まで延長することを決めた。
 県が「こころのケアセンター」(神戸市)と6カ所の福祉事務所に設けた窓口には、27日の設置後、電話を含め71件の相談があった。
 「電車に乗るのが怖い」「頭痛がする」といった症状を訴える人が多く、中には「報道を見て、10年前の阪神・淡路大震災を思い出し、つらくなった」という内容もあった。 
(時事通信) - 5月2日21時1分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000558-jij-soci
posted by まとめ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運転再開、新型ATSの整備が条件=北側国交相が見解−JR福知山線脱線事故

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、北側一雄国土交通相は2日、同線の運転再開の時期について「新型列車自動停止装置(ATS)の整備が前提」との見解を示した。自民、公明両党の幹事長の申し入れに対し、北側国交相が語った。 
(時事通信) - 5月2日19時1分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000549-jij-soci
posted by まとめ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<尼崎脱線事故>被害者対策など国交相に申し入れ 与党

 自民党の武部勤、公明党の冬柴鉄三両幹事長は2日、首相官邸に細田博之官房長官、北側一雄国土交通相を訪ね、兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故について、被害者の心理ケアや早急な再発防止策の検討に着手することなどを求める申し入れ書を提出した。申し入れに対し、細田長官は「早急に措置を取りたい」と述べた。
(毎日新聞) - 5月2日18時28分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000065-mai-pol
posted by まとめ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車輪、台車など本格検証=直線で異常な揺れ−兵庫県警が関連解明へ・脱線事故

 兵庫県尼崎市のJR福知山線脱線事故で、尼崎東署捜査本部は2日までに、事故を起こした快速電車が現場カーブの約1キロ手前の塚口駅付近から異常な揺れを起こしていたことを重視し、速度超過に加え、車輪や台車などにトラブルが起きていなかったか本格的な検証を始めた。
 事故を起こした7両編成の快速電車のうち、マンションに激突して大破した1、2両目などは大阪府吹田市のJR西日本吹田工場に移され、車体の詳細な検証が進められている。
 これまでの調べで、松下正俊車掌(42)が同駅付近を走行中、運転指令所に「車両の揺れが激しい」などと無線で報告していることが分かっている。 
(時事通信) - 5月2日18時1分更新


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050502-00000544-jij-soci
posted by まとめ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。